購入前にデメリットも知っておこう!

ハイブリッド車は、一般的なガソリン自動車に搭載されていないモーターや発電機、大型バッテリーなど高価な部品が搭載している為に、比較対象とされるガソリン自動車よりも数十万円程度高い販売価格が設定されています。
エコカー減税や高燃費による燃料費の節約などで購入時の差額分をペイするには、年間の走行距離にもよりますが10年かかってしまったり、ペイ出来ずに割高になってしまうケースもあります。
ガソリンや軽油を燃料とする自動車は、特にトルクを必要とする発進時や低速時はギア比が低く設定されており、より多くの燃料を必要とします。ハイブリッド車は、ガソリン車の燃費の悪い発進時や低速時に動力をサポートする事で高燃費を実現していますが、高速走行時には主にエンジンを動力源とする為にハイブリッド車のメリットが活かされず、高速走行時には燃費が悪くなります。
ハイブリッド車は、モーターとエンジンの出力調整や前照灯システムなどほとんどの機能がコンピューター制御されており、オーナーがどの様な運転をして、車にどの様な不具合があるかがコードを繋ぐだけで簡単に把握出来るのですが、ディラーや一部の設備の整った整備工場でしか対応出来ないデメリットもあります。
動力源のモーターは、低回転から高トルクを発生する事と作動音が非常に静かである特徴があります。
その為、特に発進時や低速域では、エンジンが始動しない為に走行音が静かで、歩行者や自転車に気付かれず無用な事故の原因となるリスクがあります。
又、現在のハイブリッド車は、バッテリーの積み替えの心配は少ないとされていますが、バッテリーにも寿命があるので万が一の場合は大きな負担となります。
ハイブリッド車を購入する前に、ハイブリッド車の意義やシステムをしっかりと理解しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です