ハイブリッド車を選ぶメリット

まずハイブリッド車におけるメリットは大きく分けて3つ挙げることが出来ます。
一つ目は燃費が格段に改善されることであり、従来のガソリン車がエンジンの働きだけで対応していた移動距離を電気の力とガソリンの力の混合(ハイブリッド)で対応することができるのです。
単純にエンジンを動かすにはガソリンなどの燃料が必要であり、ずっとエンジンを動かすだけなのと充電しながら電気の力で車を動かす時にはガソリン不要となるならば、その違いは明白となります。
二つ目にガソリンなどの燃料を燃焼させずに車を動かすことが出来るわけですから排気ガスが発生せず、環境問題への配慮は前者の比ではない点です。
車の排気ガス問題は大きな環境汚染へ繋がっており、今日世界中での見直しを余儀なくされている以上、必要不可欠な要素となっております。
三つ目にガソリンやディーゼルエンジンを稼動させないということはそれだけ周辺への騒音がなくなることになる為、これまでどおり車が稼動していた場合でも騒音が発生しないというメリットがあるのです。

そもそもハイブリッド車って何?

ハイブリッド車のハイブリッドの本来の意味は二つ以上のものが混ざりあった混成物という意味です。一般的にハイブリッド車においては電気モーターとエンジンの原動力を組み合わせたものを言います。現在普及しているものはガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせたものが大半です。最近ではバスやトラックにも採用されているためディーゼルエンジンと電気モーターの組み合わせたものも販売されています。
ガソリンエンジンは特に低速時に力を出すことが苦手です。発進時にはエンジンの回転数を高回転にすることで加速力を生んでいます。そのため止まったり動いたりを繰り返すと燃費も悪くなります。その一方で電気モーターは低速時でも安定して力を出すことができるため、発進時には電気モーターによる加速を行い速度が安定するとガソリンエンジンに切り替えることで燃費性能を向上したものです。高電力を長期間供給できるシステムが確立すれば電気モーターだけでも走行できますが、現在は原油系燃料の供給の方が簡単なためこのような方法をとっています。
ハイブリッド車の利点は同じクラスの車よりもかなり燃費が良い点です。また、エコカーとして自治体や国から補助金が出る場合もあります。
その反面ハイブリッド車の欠点は、製造部品が普通の車より多くなります。また、大容量のバッテリーも積む必要があるため、車体重量が重くなります。部品数が多いことは故障確率を高めます。そのうえ現在発売はれているバッテリーには寿命がありますから長年乗るつもりの方は交換が必要となる可能性もあります。