技術の進歩は日進月歩

ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせたエンジンで動くハイブリッドカーもすっかり定着しています。1997年にトヨタ・プリウスが世に出て以来、様々なタイプの自動車にも導入が進んでおり、高級セダンタイプから大型のワゴンタイプ、果てはトラックやバスのような物にもハイブリッドモデルが存在します。一方、大きく重いハイブリッドシステムを小型化することで、トヨタ・アクアのようなコンパクトカータイプの物も登場しました。
最近では、新たに技術を用いたハイブリッドカーも登場しています。それが、プラグイン・ハイブリッド(PHV)です。PHVは、直接コンセントからバッテリーを充電することが出来るタイプのハイブリッドカーで、より大きな容量のバッテリーを搭載し、電気自動車に近づいた物といえます。家庭で利用するためには、充電施設の設置が必要などの課題もありますが、このような新しい技術を持つ自動車が、社会の進歩につながるか、注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です