ハイブリッド車ははたしてお得か?

ハイブリッド車については購入後の維持費というものがどうしてもかかっていくので、日常生活にフィットしていくかどうかをしっかりと見極めていくようにすることが賢明です。積載するモーターやバッテリーも特殊な部品を用いていくことになるため、実際のところはお金はかかっていきます。それであっても、環境に配慮された快適な乗り心地や洗練されたデザインは運転をする方であれば間違いなく魅力的な内容になっていくため、最終的にどの部分を優先させるのかで「お得度」は違っていくのです。
またハイブリッド車が誕生するまでには、いくつもの試行錯誤が繰り返された事実もあって、価格面ではやはり高額な結果になると見られています。30万程の価格差が一般車とあるため、自分自身でまずは見積もりをしてみて購入する意義があるかどうかを冷静に見極めていくことが重要となるのです。ハイブリッド車のメリットを見ながら、損得の度合いを見定めていくことが大事になっていきます。

ハイブリッド車にかかるお金

燃費が良いので維持費にお金がかからない、あるいは税制面でも様々な優遇装置があるなどの理由から、ハイブリッド車が大変人気となっています。しかし、ガソリンエンジン車と比べると、20~30万円程度車両価格が割高になります。この分の元を取ろうとすると、相当距離を走らないといけないことになります。

車種によっても違いますが、ガソリン代だけで元を取ろうと思うと、10万キロ程度走行しないと元を取ることができないようです。年間の走行距離が1万キロの方の場合、10年乗らないと元を取ることができない計算になります。実際には重量税などの免税措置などもありますので、もう少し早く元を取ることはできるでしょうが、元を取ることだけに焦点を絞ると、ハイブリッド車は必ずしも魅力的ではなくなってしまうかもしれません。

しかし、月々のガソリン代が2~3000円程度安くなったり、給油の回数が減ったりすると、気持ちの面ではかなりうれしいものです。また車検の際にも重量税が大きく減税されたり、車種によっては100%免税の可能性もあったりするので、車検費用は非常に安くなったと感じることでしょう。

また、ハイブリッド車に乗るということは、CO2削減によるエコにも貢献していることになります。アメリカなどでは、エコという観点から、ハイブリッド車を選ぶ裕福層が多いと言われます。さらにハイブリッドシステムによる発電能力を活かして、災害時の電源として利用するなど、新しい視点でも注目されるようになっています。